あたしは30歳になるマミーだ。あたしはこういう10通年、保育士として、子どもたちに囲まれて仕事をしてきました。保育の職は思い切り子どもたちという遊んであればいいだけと思われがちですが、実際にはそうではなく、大切な子どもたちの生をお授かりするお仕事。

そうして、エネルギー盛りだくさんな子どもたちに負けないくらいの情熱でしっかりと向き合っていかなければならない。子どもたちの行動の要素で危険なことを逆算し、とっさのもてなしを瞬時にしなければならない、だいぶスタミナのいる職だ。

身体のスタミナだけでなく、心のスタミナもとても必要です。色んな局面で、成人が予期しないことが必ず一心に生ずるものです。それに対して、とことん動揺せず、落ち着いて対応していかなければなりません。

その為に、あたしは、あたしとの気持ちの本番をしながら、スタミナが付く、健康にいいことをしようと見なし、通常10間隔のジョギングって散歩を始めました。

こういう毎日の10間隔のジョギングという散歩を初めて、まったく半年間ですが、以前に比べて、流感や感染症にかからなくなったり、職終わりの疲労ほうが、はなはだ楽になりました。

またスタミナの要素だけでなく、毎日の10間隔のジョギングって散歩をすることによって、疲れても、決められた移動だけは何があっても最後まで諦めずに踏ん張るという気分また思い切りなったりし、心の面でも力強くなれたように思ってある。

疾病は気持ちから…と言いますが、あたしはちゃんとそうだと思います。気分が軽くなったり、気持ちで負けてしまうといった、病魔にかかりやすくなったり、調子をくずし易くなってしまうと思います。

あたしは取り敢えずこれからも毎日の10間隔のジョギングと散歩を欠かさず行い、人体も気持ちもタフを維持していきたいと思います。エイジングケアに欠かせない胡蝶蘭エキスを使った美容液